BMO ワイン
BMO輸入ワイン 蔵元:ドミニオ・デル・ウロガリョ/DOMINIO DEL UROGALLO
ワイン名:レイ・デ・ラブラドーレス/REY DE LAVRADORES

洗練されたトロのガルナッチャ

レイ・デ・ラブラドーレス
商品No.3BSSP1-8
自然派カテゴリビオディナミ(バイオダイナミクス)
産地スペイン トロ 

ガルナッチャ
手摘み、全房発酵。
フレンチオーク樽(中古樽)でマロラクティック発酵。
澱と共に約9ヶ月熟成。SO2無添加。
※こちらのみ産地はトロとなります。

焼きつくような暑い平地、トロでこんなにも
洗練されたガルナッチャが、生まれるなんて・・・。
しっとりとしたタンニンと柔らかい果実味が
ゆったりと広がっていく、エレガントなワイン。
シダ、杉など植物系の落ち着いたアロマ、キュッと引き締まった酸が
食事をさらに引き立てる。前菜からメインのお肉まで合わせられる。

ドミニオ・デル・ウロガリョ
ドミニオ・デル・ウロガリョ
蔵元
ドミニオ・デル・ウロガリョ
生産者名
ニコラス・マルコス

『のめり込んだのは、あり得ない急斜面! 命がけのワイン造り』

~スペイン・カンガスの地に出会うまで~
ニコラス・マルコス氏はトロ出身。家族・親戚は代々トロやルエダ、
リベラ・デル・ドゥエロでワイナリーを経営、ニコラスも1995年まで携わり
研鑽を積む。しかし次第に、自分の目指すワインがそこではできないという想いが強くなる。
ボルドーのリュルトン家や、カリフォルニアでグラン・クリュ系の栽培、
醸造責任者を経験。真逆に、自然派の極みの造り手まで、もの凄く広いワールドで、
「今の先端ワイン」を造り、体験してきた。

様々なクオリティーワイン、自然派などの試みをしても納得がいかないニコラス氏。
そんな中、カンガスの地を発掘!あっという間に魅了され、全てを捨て、ここでワイン造りをすることを決断。

【カンガスの地にのめり込んだ理由は!?】
1)土着品種は、世界中どこにもない味を出せる!
2)修道院がブドウを造っていた地は、必ずエネルギースポット!
3)他にない超絶な複雑土壌!
4)奇跡的に見事に育っていた樹齢100年超があった!
5)スペインではありえない冷涼な地は、ミクロの熟度をもたらす!
ニコラス氏にとって数を造ることは重要ではない。

「本当に良いワインを造るためなら急斜面の畑が多い、手作業にしか頼れない環境もなんのそのだ。」と、
急斜面過ぎて作業中に崖から落ち、鼻の骨を折ってしまったことも。
まさに命がけのワイン造り!
カンガスの山奥に生息するというライチョウ(Urogallo)から名前を取り、
ドミニオ・デル・ウロガリョと命名した。
2009年に移り住み、2010年を初ヴィンテージにワインを造りはじめる。
上級ワインは、皆、超少量生産です。

  • お問い合わせ
  • お申込み
ページTOPへ