BMO ワイン
BMO 監修ワイン 蔵元:ボーシャン/BEAUCHAMPS
ワイン名:ボーシャン ヌーボー ルージュ 2018/LES BEAUCHAMPS NOUVEAU ROUGE 2018

ワインとしての完成度が素晴らしい!

ボーシャン ヌーボー ルージュ 2018
商品No.SF8-60-18
産地フランス ラングドック 

品種:ピノ・ノワール

※ボトルの画像はイメージです。

柔らかで素晴らしく繊細。
単に新酒はフレッシュ、というのではなく、
ワインとしての完成度が素晴らしい!
最高貴ぶどう、ピノノワールをあえて贅沢に投入!夢のヌーボーへ!


ローランより先日10/22に今年のヌーボーについてメッセージを頂きました!
彼曰く2018年は間違えなく過去最高の出来だとのことです!

~以下ローランのメッセージより~
ちょうど先週3種類のヌーボーをテイスティングしましたが、どれも本当に素晴らしかったです。
白は非常にアロマティックで、フレッシュでクリーンな印象です。
かなり期待できる白ですよ。
ロゼは色合いも素晴らしく、2016年ヴィンテージに通じるところがあります。
味わいも抜群です。
赤も同様に最高の出来です。
ピノらしい味わいで、フィニッシュはとても柔らかく、美しい色合いです。
2018年は間違えなく過去最高の出来だと自負しています。

ボーシャン
ボーシャン
蔵元
ボーシャン
生産者名
ローラン・ミケール

最新訪問レポート!
アルノー ローラン・ミケールさんを訪問しました!


今年はベト病で近所の醸造家は、大変な被害です。
しかし、ローランさんはこの被害を事前に予想し、
例年の何倍もの農作業を強化して、この危機を逃れました。

今年も素晴らしい出来です!!

ローラン氏は、大自然の気まぐれを感知し「自然を見極め対応する天才」の域に達しています。
ワイン造りはぶどう造り。
ぶどうは米、麦の酒より、「原料ロス率」が最も高い。
米、麦は保存、移送が出来るがぶどうは出来ない。
そこに凄い緻密な工夫と努力をしてきたのです!
そのこだわりのごく一部をご紹介!

こだわり その
ぶどうの収穫の時間 
ぶどうの収穫を夜中の2時頃から収穫しています。
(ぶどうの温度が16度ぐらいの時に収穫)
温度が高いと酸化しやすくなってしまうから。

こだわり その②
マイナス160度のCO2

マイナス160度のCO2の入っているタンクがあることにより、
醸造タンクを冷やす必要がある時にタイムリーに温度を冷やす事ができます。
酸化を避ける為に、できうる限りを尽くしています。

こだわり その③
最新のボトリングシステム

ボトル詰め時に酸素を追い出す「究極のビン詰め機」導入。
SO2を更に減らすことに成功!経費を徹底的に下げる努力を最大限に挑戦しています。
香りを残す為に低温温度管理も徹底。

★ローラン氏に質問★

Q.ワイン造リで最も大切なものなんですか?
A.ワインの美味しさの8割はぶどうの品質です。
だから美味しいぶどうを育てることに集中しています!

  • お問い合わせ
  • お申込み
ページTOPへ