BMO ワイン
BMO 監修ワイン 蔵元:マス・ロー/MAS LAU
ワイン名:キュベ メリナ ブラン 2017/CUVEE MELINA BLANC 2017

優しく純朴なローランが造る、昔ながらの優しいエキスと果汁!

キュベ メリナ ブラン 2017
商品No.SF68-4-17白(オレンジ)
自然派カテゴリビオロジック(オーガニック、有機農法)
産地フランス ラングドック 

品種: グルナッシュ・ブラン

ラングドックのスーヴィニャルグ村でひっそりと、
でも素晴らしいワインを造っているローラン。
目指すはおじいちゃんの時代のようなジューシーなワイン!

2017年のブランは香りはトロピカル、旨みタップリでも
グイグイ飲めるスタイル。余韻も長い。
程よく感じられるミネラルが爽やかさを演出してくれる。
しかもSO2無添加!

マス・ロー
マス・ロー
蔵元
マス・ロー
生産者名
ローラン・バニョル

100年以上前、あの頃のワインが甦った!?

生まれはローヌのオランジュ。
ニームのソムリエ学校に通い、卒業後はニース、パリなどでソムリエとして活躍。
ワインに触れる日々を過ごすうちに、自分もワインを造りたいと思うようになった。

【自分の理想とする、「ぶどう」「土地」「環境」「人」の4拍子揃った、ヴァンナチュールを造るため】

それは100年以上前、フランス人の年間消費量が100L以上だった頃のようなスタイルを求めて。。
農薬も、培養酵母も、SO2も使わない。今の時代によく行われる過度な凝縮も行わない。

グラップアンティエールで仕込み、ナチュラルな造りだけど、
より安く売るために収量をギリギリまで増やして造るスタイル!

~醸造について~
自分でナチュラルワイン造りをするために、「モン・ド・マリーのティエリー」と共同で醸造所を借り始めた!!
そこの醸造所は、協同組合の元醸造長の家族が持っているカーヴ。
2人のワインに対する考え方、取り組みに共感し、快く貸してくれたのだ!
昔ながらのワインを造ろうとしている彼ら2人を、村の人々は昔を懐かしみ、応援してくれている!!

現在の畑は標高70mのラングドック北部にある畑。樹齢100年のウィヤードと樹齢45年のサンソー、カリニャン、アラモンなどが植えてある。
樹齢も古い木が多いのでなかなか収量が上がってこないが、将来的には70hl/ha位の収量まで上げていきたい。
とローラン。
2013年からは、畑に冷蔵トラックを持っていき、収穫後すぐにブドウを冷やしている。
一気に投資は出来ないため、少しずつ環境を整えている段階。今後も非常に楽しみな生産者!

~サロン(展示会)には参加しない理由~
マス・ローはサロンには全く参加しない。
何故なら販売や出荷に出来るだけ手間と時間をかけず、その分畑仕事をしたい!
料理と同じでワイン造りも素材が命のため、畑から離れたくない!と。

手間がかかるため取引先を増やす予定もなし。まとめて買ってくれるお客さんにより安く売りたいとの想いから。

『名前の由来』マス・ローの「ロー」はローランのあだ名。 またマズローの法則のマズローにもかけている。

  • お問い合わせ
  • お申込み
ページTOPへ