BMO ワイン
BMO輸入ワイン 蔵元:ドメーヌ・ド・ラ・リュノッテ/DOMAINE DE LA LUNOTTE
ワイン名:レ・ルシニュー 2016/LES ROSSIGNEOUX

最後に感じられる苦味と、豊富感タップリな液体が綺麗に調和!

レ・ルシニュー 2016
商品No.3BOFR12-5-16
自然派カテゴリビオディナミ(バイオダイナミクス)
産地フランス ロワール トゥーレーヌ

品種:
ソーヴィニヨン・ブラン

土壌:
粘土質に石英・火打石が混じった土壌。

醸造:
ダイレクトプレス。醸し無し。区画ごとに醸造。
アルコール発酵の開始をタンクで、終わりを樽内で行う。
マロラクティック発酵あり。古樽で24ヶ月間シュール・リー熟成。
その後タンクでブレンドして2018年9月にボトリング。

火打ち石のスモーキーなニュアンスや、
成熟したリンゴのピュレの香り、フローラルさ。
口当たりは青りんごや柑橘系の酸を感じる。
深い旨みと乳酸っぽさもあり、塩味も豊か。

クリストフ・フーシェ氏が2002年にワイン造りを始めてから、
ずっと造っているキュヴェ。
ルシニューとは、畑のある地域名(リューディ)のこと。

ドメーヌ・ド・ラ・リュノッテ
ドメーヌ・ド・ラ・リュノッテ
蔵元
ドメーヌ・ド・ラ・リュノッテ
生産者名
クリストフ・フーシェ

素朴で自然をこよなく愛する孤高の蔵元!

クリストフ・フーシェ氏は元々工場機械のエンジニアをしながら、
ハンディキャップを持つ子供たちの世話などをボランティアで行っていた。

元々ぶどう栽培家の出身ではなかった彼が「ワイン造り」に惹かれた理由は、
土や自然に接する農業と、醸造に関する技術やテクニックによって感覚(味覚)に訴える
1つの「ワイン」という作品をつくりあげるという風に、
いろんな要素が絡んだ総合的な仕事だから
だそうだ。

「自然の中で難しい仕事がしたい。」と、4キロ先に住んでいた叔父のマネをしながら、
奥さんの父が所有する畑を引継いで「自分自身のワイン」を造り始めた。

「上司がいないので、自分の思いのままに仕事が出来る。」と
収穫以外はすべて彼一人で楽しみながら取り組んでいる。


~普通じゃない普通の造り~
ビオロジックに取り組み、エコセールの認定も受けている。
樹の競合が最適になるよう、独自の考えで一畝ごとに雑草を残したり、
縞模様の畑でソーヴィニヨン・ブランなどを育てている。

なにせ一人で作業をしているので、生産量は常々非常に少ない!!

  • お問い合わせ
  • お申込み
ページTOPへ