BMO ワイン
BMO輸入ワイン 蔵元:ヨヨ/YOYO
ワイン名:アクアボン 2018/AKOIBON

ヨヨの強さと優しさが、ダメ畑を究極の畑に変えた…!

アクアボン 2018
商品No.3BOFR83-4-18
産地フランス ルーション 

品種: ムールヴェードル50%(樹齢40年)、
    グルナッシュ・ノワール50%(樹齢60年) 

土壌: 粘土、沖積土、花崗岩土壌

醸造:両セパージュ混醸造。
    グラップ・アンティエールで12日間の
    マセラション・セミ・カルボニック。
    ピジャージュ無し。
   自然発生のCO2で密閉。プレスして樽入れ。
    アルコール発酵をタンクで終えてから樽入れ。

熟成: 4-5年樽で6ヶ月間熟成。

~なぜムールヴェードルでAKOIBON アクアボン?~

「A quoi bon?(アクアボン)」から作った言葉で
「それがどうなる?どうせダメだ」「頑張っても無駄だ」の意味。
そもそも、ムールヴェードルはバニュルスの伝統的な品種ではない。
土着品種にしか興味がなかったヨヨは、この品種を栽培したい訳ではなかった。

たまたま手に入れた畑にこのムールヴェードルの畑が含まれていたので、
仕方なく栽培してみる。しかも病気だらけでとても弱っていたので、
どうせ枯れて抜くことになるだろうと、
他の生産者もさじを投げるほどのひどい状態…
本人でさえ
「こんな畑、A quoi bon?」
と思っていた。

しかし畑はヨヨのもとでみるみる回復していき
今では美味しいぶどうが生るようになったのだ!!


【味わい】
果実味豊かでパワフルだがとてもエレガントで繊細。
スミレの華やかな香り、熟した赤系と黒系果実のニュアンス、
きれいな酸味が特徴的。
酸も丸く、タンニンが溶けていてとってもやわらかい!
あとからジワジワ旨みが押し寄せてくる。
2016年はとても暑く乾燥した年で、夏は特に水分不足に悩まされた。
健全で凝縮しているぶどうができたが、とても少ない収穫量になった。

全7キュベとも、リリースして即完売するのは、
すでにフランスでも日本でも、『ヨヨ神話』が響き渡っているから!

ヨヨ
ヨヨ
蔵元
ヨヨ
生産者名
ローランス・マニャ・クリエフ

ルーションという土地の真実をワインで表現し造り続ける!

ドメーヌ名の「ヨヨ」とは彼女の愛称とのこと。
もともとアパレルの仕事をしていて、世界各国を飛び回るバリバリのキャリアウーマンだったが
2005年にたった1人で蔵元を立ち上げた!!
バニュルスに魅了されている、ペルピニャン生まれのルーション人。
ルーションの隅々まで知り尽くしているからこそ、最良の畑を見つける事が出来た。

『ルーションの良さをもっとみんなに知って欲しい!』
という熱い想いがあるからこそ、
ワイン造りというハードな仕事もやり続ける事が出来ている!

蔵元のすぐ傍には、夫であり、超人気協同組合エステザルクで
酸化防止剤を一切使わない醸造に成功した、
伝説的醸造長「フラール・ルージュ」のジャン・フランソワ・ニック。

馬も入れないような崖にある土地を1人で耕して畑を作った、
知る人ぞ知る醸造家「ブルーノ・デュシェン」もいて、何でも相談できる間柄。
何か問題があると、夫ニックとブルーノから助言をもらいながら、日々ワイン造りをしている。

1人でやっているため、生産量は少なく、各キュベ極少量の貴重なワインばかり。

はじめにバニュルスの中心に位置するあたりに、4ヘクタール、7つの区画を所有。
その後、アルベール山地の麓で、海と山の間に位置する3ヘクタールの畑も購入し、計7ヘクタール。
現在は、カーブのリノベーションも完了。
空調設備も整い断熱もされているので、醸造中の温度管理が改良され、
より丁寧にワイン造り・保管が出来る環境へ!

暑いルーションの地で選んだのは、あえて北向きの畑。
「品種は、成長期のグルナッシュ。明るく陽気な若いムールヴェードル。
黒いシスト岩の上にある樹齢100年代のグルナッシュとカリニャンだよ!」とヨヨ。

有機農法は2005年から開始。
果物の果肉、羽毛の粉などを畑に撒くことで、土地の微生物を活性化させ
畑には機械をいれずに、つるはしやウマラバ(ラバの一種)で畑を耕している。

  • お問い合わせ
  • お申込み
ページTOPへ