BMO ワイン
BMO輸入ワイン 蔵元:ドメーヌ・ル・ピカティエ/DOMAINE LE PICATIER
ワイン名:オーヴェル・ナット・ノワール/AUVER NAT NOIR

自然派ピノのグランヴァン!

オーヴェル・ナット・ノワール
商品No.3BOFR92-2
自然派カテゴリビオロジック(オーガニック、有機農法)
産地フランス ローヌ・アルプ 

ピノ・ノワール
花崗岩に泥・粘土・砂が混ざった土壌、丘陸。
樹齢45年。
10日間に1回ルモンタージュ、複数回ピジャージュ
1998年の228リットル樽で15カ月シュール・リー熟成。

ブルゴーニュの洗練さ、ローヌの分厚さ、オーヴェルニュの妖艶さ、
ロワールの繊細さ!それら全てを詰め込んだか!のような存在感に、
心ごと持って行かれそうになる。
オーヴェルニュ特有の深みのあるミネラルは程よく溶け、
果実味とスパイス感がじわじわと湧き上がってくる。
熟成を経てより洗礼された味わいが楽しめる。

ドメーヌ・ル・ピカティエ
ドメーヌ・ル・ピカティエ
蔵元
ドメーヌ・ル・ピカティエ
生産者名
ジェラルディーヌ&クリストフ・ピアルー

オーヴェルニュ&ローヌ&ブルゴーニュの【ド真ん中】産ニュースター誕生!

「ドメーヌ・ル・ピカティエ」という名前で何年もの間、生産者が替わりながら存在してきたが
2007年にクリストフとジェラルディーヌがドメーヌを取得した。

もともと景観整備の勉強をしていた2人がワイン造りの道に入ったのは、
ジェラルディーヌの仕事でブルゴーニュに引っ越したことから始まった。
クリストフは、コート・シャロネーズのビュクシー協同組合にぶどうを売る農家で
働き始めたのをキッカケにワイン造りに興味を持ち始めボーヌにある学校で醸造を学びながら、
7年間ポマールのドメーヌ・ラエで畑作業、醸造、瓶詰めまで全てを行っていた!

そしてビオディナミの大家「ドミニク・ドゥラン」との出会いが決定的だった。
ドミニクからビオディナミ栽培について本当に多くのことを教わった。
自分達のワインを造って新しい人生を楽しみたい!
と言う思いが強くなっていったのだった。

「ワインへのパッションが私達の血を巡るようになり、自分達のワイン造りをして
     新しい人生を踏み出したいという欲求に抗うことができなくなったんだよ!」
と、クリストフ氏。


<畑・土壌について>
有機栽培およびビオディナミの原則に従いながら土壌と植物を大事にした作業をしており
寄生虫に対するぶどう樹の自然抵抗力を高めるために、植物性、動物性、ミネラルを
ベースにした調合剤を独自で造って使用している。

<造りのこだわり>
ピカティエは、テロワールを最大限に表現するために極力手を加えない醸造を行っており、
醸造の過程でぶどうに人為的に介入するのは
「ルモンタージュ」「ピジャージュ」「圧搾時」のみと決められている。
10月から開始する収穫の際には、小さな容器を使用して傷のない完全な形で手摘みしたぶどうを収穫。
天然酵母で発酵させ、細かいオリと共にシュール・リーさせ、ワインに旨みを溶け込ませていく。
そのため旨みを取り除いてしまうコラージュやフィルターは絶対に行わない。


2011年には
「EOCERT FR BIO 01」認証を取得。
栽培面積7.30ha。ガメイ5.30ha、
シャルドネ1.00ha、ピノ・ノワール1.00ha。いずれも樹齢20~45年。


2012年には、1904年植樹の古木のガメイが植えられている0.3haの小さな区画を取得。
土壌は、砂質と花崗岩の混ざったもので、特に大きな塊であるポーフィロド(斑状)の花崗岩が主体。
所有する区画の大部分が自宅および醸造所の周囲に位置しており、
かつての海底の岩盤が地中すぐに横たわっている。

  • お問い合わせ
  • お申込み
ページTOPへ