イベント情報
2019.06.04 ≪プロ向け≫2019年最大規模!40蔵の頂点が集結!~ BMOワインサミット試飲会
≪プロ向け≫2019年最大規模!40蔵の頂点が集結!~ BMOワインサミット試飲会
ポルトガル、フランス、イタリア、スペイン、南ア、チリのトップが集結
2019年のワイン商戦を占うワインがずらり!!


◆ナチュラル・ポルトガルの新しい風を吹かせる!
< ポル・ガル・ジャポン! >


ポルトガルと日本。歴史的にも繋がりの強いこの2か国。
その味覚においては。。。?
発酵食品やコメ文化など共通の食文化から感じられる味覚の親和性はワインにおいてもあった!

~~~~~~~~~~~~~~~~
ポルトガルのビオディナミ第一人者から、
さらにビック・ニュース!
リリースから一気に広がった
ナチュラル・ヴィーニョ・ヴェルデの
「ヴィニビオ・ミカ」
今や年間3,800本の販売を記録!
「上代2,000円を超えているのに!?」

その圧倒的な旨味を知ったお客様からの
熱い支持は一気に広がる!

さらにビック・ニュース!
サンスフルのヴィーニョ・ヴェルデ
「ミカ・ナチュール」がリリース!
ナチュラル・ポルトガルの第一人者、
フェルナンド・パイヴァはさらに進化を遂げています!

~~~~~~~~~~~~~~~~
大西洋テロワールに生まれていた「新しい風」!
ポートワインの産地、
ドウロ地方からは新しい風となった
「フォリアス・デ・バコ」

そのラインナップの豊富さと
今までのポルトガルにはなかった味わい、
(そして人懐っこい彼の人柄♪)で
一気にトップ生産者に。

2018年3月に来日。
六本木の某割烹料理で、
ティアゴを囲んでの食事会では
スパークリング、白、赤はもちろん、
甘口ワインまで、和食とピタッと合う!!

「一人生産者のワインだけで
   ここまで幅があるの⁉ 
    和食にあうポルトガル。。。
 これはちょっと経験したことがないね」


と絶賛の嵐!

~~~~~~~~~~~~~~~~
BMOはポルトガル・ナチュラルワインの
トップランナーの一員として
「ポル・ガル・ジャポン!」を展開。

今回の試飲会では、
全7蔵元のワイン全てを一堂にご試飲いただきます!

その他、イタリア、南アのワインなど、
合計約40蔵元のトップ生産者のワインが一堂に会します!
2019年内最後にして最大級の試飲会です。

どうぞ、皆さまお誘い合わせのうえ、
ご来場くださいませ。


【2019年6月4日(火)】

・試飲会会場:ホテル モントレ半蔵門
・開 催 時間:12:00~16:00 
・参加費 500円

□アクセス
東京都千代田区一番町23番1号
TEL03-3556-7111

東京メトロ半蔵門線
「半蔵門」駅 5番出口より約1分

―――――――――――――――――――――――――――
    【BMOワインサミット試飲会 ご予約フォーム】
■貴店名


■担当者様名


■電話番号
  

■参加申し込み人数
●名


■業種(該当を記入してください)  
□小売店  □業務卸  □飲食店 □ワイン生産者 □ジャーナリスト     
―――――――――――――――――――――――――――

ご予約はメールフォームからもお申込みいただけます。
その際は備考欄に「6/4BMOワインサミット試飲会」と記載して下さい。
 
※申込み制となっております。必ず上記にご記入の上、お申込みをお願いいたします。
(お申込み無き場合は、入場をご遠慮いただく場合があります。
BMO担当スタッフまで、ご連絡をお願いいたします。)
※お車、バイクでの来場はご遠慮ください。
※プロ向けの試飲会となります。
 一般の方のご参加は受け付けられませんので、予めご了承ください。
※ご不明な点などございましたら、お問い合わせください。
2019.03.04 @大阪!オリオル・アルティガス&コスミック・ヴィニャテーズが揃って来日!第2回 カタルーション2019!
@大阪!オリオル・アルティガス&コスミック・ヴィニャテーズが揃って来日!第2回 カタルーション2019!
2018年3月ルーションの両雄フラール・ルージュの
ジャン・フランソワ・ニックとヨヨの来日をきっかけに、
第1回カタルーション全国行脚!その大感動が今年も蘇ります!

4月に開催する試飲会“カタルーション”のお知らせです。

カタルーション、すなわち、『カタルーニャ』地方と
『ルーション』地方のワインに焦点をあてたイベント!

今年は!

スペイン、カタルーニャの若き天才が二人!

見事な「果実の真実を讃えたワイン」を醸した。
ついたあだ名が「スペインのラングロール」、オリオル・アルティガス

「うんと寝かせて真価が湧き立つワインを造りたい!」
極美を讃えつつ、長熟なワインを送り出した、
コスミック・ヴィニャテーズのサルヴァドール・バットヤ・バラベッチュ!!

今年もふたりとじっくり「語れる」座談会も設けます◎

皆さま、どうぞ足をお運びくださいませ!

詳細は下記よりご確認ください。

今回来日の2人のワイン、
正直言ってお売りできるものがほとんどありません。

輸入元としては、「なんて無駄なことしているの!?」とお叱りを受けそうです。
確かに蔵元招聘には、大変なコストがかかります。
しかし、私たちBMOは、単にモノを売れば良いとは思っていません。

「真っ当な造り手と日本を繋ぐ架け橋になる!」
この想いが私たちの原動力です。
どうぞ、2度と現れないだろう2人の天才と語らいにいらしてください!


★試飲会&座談会★

【2019年4月11日(木)@大阪】

・試飲会会場:TAKAMURA(2Fイベントスペースにて)
・開 催 時間:13:00~17:00 
・参加費 500円

・オリオル&サルヴァによる座談会:14:30~16:00【先着30名様】

●アクセス
大阪市西区江戸堀2丁目2-18
地下鉄四ツ橋線 「肥後橋駅」2番出口より徒歩10分

―――――――――――――――――――――――――――
    【カタルーション試飲会 ご予約フォーム】
■貴店名


■担当者様名


■電話番号


■会場(該当を記入してください)
●大阪   

■参加申し込み人数
●名


■業種(該当を記入してください)  
□小売店  □業務卸  □飲食店 □ワイン生産者 □ジャーナリスト     
―――――――――――――――――――――――――――


―――――――――――――――――――――――――――
    【座談会ご予約フォーム】
■貴店名


■担当者様名


■電話番号

■会場(該当を記入してください)
●大阪【先着30名様】 

■参加申し込み人数
●名

■業種(該当を記入してください)  
□小売店  □業務卸  □飲食店 □ワイン生産者 □ジャーナリスト   
―――――――――――――――――――――――――――
※申込み制となっております。必ず上記にご記入の上、お申込みをお願いいたします。
(お申込み無き場合は、入場をご遠慮いただく場合があります。BMO担当スタッフまで、ご連絡をお願いいたします。)
※お車、バイクでの来場はご遠慮ください。
※プロ向けの試飲会となります。
 一般の方のご参加は受け付けられませんので、予めご了承ください。
※ご不明な点などございましたら、お問い合わせください。
_____________________

ご予約はメールフォームからもお申込みいただけます。
その際は備考欄に「4/11カタルーション大阪」と記載して下さい。

----------------------------------------------------------------

今や自然派の2大聖地はフランス・ルーション地方と、
スペイン・カタルーニャ地方。

2つの地方は元々同じ文化圏だった。
そこに対話が生まれたのは必然。

ピレネー山脈を挟んで天才同士は語り合い、
さらに聖地を極めた。

「2つの産地の語り合いを、語り尽くそう!」

そんな思いで閃いた言葉が「カタルーション」。

海を越えて現地でも話題になってきました。

さあ、2回目はカタルーニャ地方から、
かつてのスペインには存在しなかった2人の大天才がやってきます!

昨年のカタルーション第1回に来日したのは、
大巨匠フラール・ルージュのニックとYOYO。

2人には「心がのけぞり、ドキドキした忘れられない瞬間」があった。

ピレネー山脈を超えてルーションからカタルーニャへ1時間のドライブ。

「暑く熱せられた大地のはずだったスペインに、
      このみずみずしい畑、ワインがなぜ、、、?」


スペインが古樽酸化熟成だけで無いことは、今や常識。

重たくも野暮ったくも無い素晴らしいワインが産まれる速度は、
眼を見張るものがある。

「しかし、こんなナチュラルワインが産まれていたとは!」

ニック&YOYOと、オリオル&サルヴァは繋がった。
大先輩であるYOYOは、あろうことか、
サルヴァからカリニャン・ブランをもらい、ルーションに植樹した。

「温暖化は、南のスペインの方が早く対面する。
  そのスペインで美極まる酸を讃えるぶどう。
    それはカリニャンなのだ。」

オリオルは、見事な「果実の真実を讃えたワイン」を醸した。
ついたあだ名が「スペインのラングロール」。

サルヴァは「うんと寝かせて真価が湧き立つワインを造りたい!」
極美を讃えつつ、長熟なワインを送り出した。


そして彼らのワインは、
瞬く間に大変な話題になり、ファンの前から姿を消した。

BMO株式会社 代表 山田 恭路
ページTOPへ