BMO ワイン
BMO輸入ワイン 蔵元:シルヴィー・オジュロ/SYLVIE AUGEREAU
ワイン名:キュヴェ・レジュイッサンス 2017/CUVEE REJOUISSANCES

ぼたっとした田舎ぽいピノ・ドニスと一線画す!!

キュヴェ・レジュイッサンス 2017
商品No.3BOFR8-3-17
自然派カテゴリビオロジック(オーガニック、有機農法)
産地フランス ロワール 

品種:グロロ、ピノ・ドニス

醸造:除梗されたぶどうを、ファイバータンク内で2週間醸し。
   垂直方木製圧搾機を使用。
   軽いピジャージュと、小さなバケツでのルモンタージュ。

熟成:樽内で1年間の熟成期間。

洗練されたピノ・ ドニス、 大地を感じる風味が最高。

『レジュイサンス』とは『歓喜』という意味。
コショウやスパイスの香り、サクランボも感じられ、
とにかくグイグイ飲めてしまうワイン。
軽やかで、名前の通り いつ飲んでもハッピーになれる一本。

シルヴィー・オジュロ
蔵元
シルヴィー・オジュロ
生産者名
シルヴィー・オジュロ

最高ナチュラルサロン「ディーヴ・ブテイユ」主宰がワインを造っていた 

Nul n’est censé ignorer la Loire…. 

シルヴィ―の座右の銘「何人もロワールを知らないとはみなされない
Nul n’est censé ignorer la Loire….
本来Loireの箇所はloi(法律)、博識なシルヴィ―らしい言葉遊び)。

生まれてこの方、ロワール川から50m以内にしか住んだことのないという
シルヴィ―・オジュロは文学博士、元広告代理店のチーフ、
市議会議員
も勤め上げ、ラ・ディーヴ・ブテイユ
(自然派ワインの試飲会としては最も古くから開催されているものの一つ)の主催者、
ラ・レヴュ・デ・ヴァン・ド・フランスへのワイン批評の寄稿、
フランス国営放送のラジオでワインコラムを担当…。
果ては、ワイン関係雑誌の『レ・ゼコ』において
フランスで最も重要な女性トップ50』にも選ばれたことのあるという、
非の打ちどころのない経歴の持ち主。

20年近く待って手に入れたのはおじいちゃんの畑! 

畑仕事を学び始めたのは2001年。
それから2003年までフランス中を回り研修を続け、
2002年から『ラ・ディーヴ・ブテイユ』の主催にも参画した。

そうして2014年には、幼いころから慣れ親しんだ出身地、
ル・トゥレイユ村に1.5haの畑を獲得。
この村にどうしても畑が欲しく、おじいちゃんの引退を待って(笑)
20年かけて待ち、やっと手に入れた
とこのと。
 
畑は川沿いに位置し、真下に川が流れているのでいつも風が吹いている
また、太陽の光が川に反射しいつでも明るいので
ぶどうがしっかりと成熟しやすいのが特長。

つるはしでの掘削作業後、畑を馬で耕作。樹齢も80年~100年の古木も多く、
収穫量は伸ばせないので、おのずと生産量も非常に極少。
年間で3000本程度というから驚き。
畑仕事はもちろん醸造、エチケットにいたるまで全て手作業。

自然派ワインを知り尽くしたうえで、ロワールから離れず
故郷を信じ公私ともにパートナーである、ニコラ・ローとともに
ロワールをけん引していくロワール最注目ヴィニュロンヌ!


そんな彼女が満を持してワインを造り始めたのは2014年から。
今では1.5haのぶどう畑に囲まれながら、作家の仕事も続けている。

  • お問い合わせ
  • お申込み
ページTOPへ